口コミ

【必見!】パルクレールクリーミューの正しい使い方とルール

口コミでも非常に人気のあるパルクレールクリーミュー。

効果があるのはわかりますが、詳しい使い方などは知らない人が多いです。

せっかくの高級化粧品なのでここはしっかりと使い方を学んで、効果を最大限楽しみたいところでしょう。

そこで今回はパルクレールクリーミューの使い方を説明しましょう。

手を綺麗に洗う

手を綺麗に洗う事が何か関係あるの?と思いますが大ありです。

そもそも洗顔料は手を使って泡を立て手を使って顔に塗るものです。

なので手が汚いと、せっかくの洗顔も意味がなくなるというわけです。

なので使う前に手をしっかり石けんなどで洗い、顔に菌がつかないようにしましょう。

泡だてネットを使用する

パルクレールクリーミューは濃厚な泡を顔に塗る事で効果を発揮します。

逆にいうと泡が立たないと、効果が半減するため泡は非常に大事になります。

しかし普通のタオルを使ってもなかなか泡が出ない事が多いでしょう。

そこで良いのが付属品になる泡だてネットです。

パルクレールクリーミューは定期購入をして2回目の届けの時に泡だてネットが導入されています。

専用のネットなので相性が非常に良く、効果を最大限発揮できるような泡が出来上がるでしょう。

泡をしっかり使わないといけなところが、普通の洗顔料とは違うところです。

撫でるように洗う

洗顔料を使う時ってつい手でゴシゴシと顔を洗ってしまいます。

しかし強く洗ってしまうと、顔が傷つきせっかくの洗顔を無駄にする事が多いでしょう。

なので猫を撫でるように、赤ちゃんを撫でるくらい丁寧に洗いましょう。

ゴシゴシではなく、スリスリ程度の優しい手触りで洗うと顔はしっかり洗えます。

優しく洗うと効果がないと思う人もいますが、性能の良い洗顔料だと優しく洗うだけで十分に効果がありますよ。

ぬるま湯ですすぐ

温度は32度〜36度がベストな温度です。

洗顔をする時はつい熱めのお湯を使いがちですが、熱いお湯を使うと肌に大事な皮脂まで落とすため、乾燥を引き起こしてしまいます。

肌にとって乾燥は非常に危険な敵なので、できれば避けたいところです。

逆に冷たい温度だと、汚れが落ちにくくなるため人肌程度には温度が必要になるでしょう。

なので32度〜36度が最適な温度で、毛穴の汚れが落ちやすくなる温度とも言えるでしょう。

使い方の疑問

では次に使い方に関してのちょっとした疑問も紹介します。

朝は時間がないからやらなくていい?

今の女性は仕事をするのが当たり前になっていて、時間がなく忙しい人が多いです。

だから朝はバタバタして洗顔なんてやってる暇なんてないでしょう。

だけど朝というのは肌が1番汚れている時間でもあります。

例えば布団の汚れが肌についていますし、部屋のホコリが肌についている可能性も高いでしょう。

確かに乾燥肌の場合、洗顔すると余計に肌を傷つけるのでは?と思うかもしれませんが、洗顔は朝はやった方が結果的に綺麗になるでしょう。

使えば使うほど綺麗になる?

あまり使いたくないという逆で、使えば使うほど綺麗になる?という疑問もあります。

確かに早く肌トラブルを改善したくて沢山使いたくなく気持ちはわかりますが、1日2回程度が1番効果が高いです。

そもそも沢山洗顔すると今度は肌を傷つける原因にもなります。

それに肌の大事な皮脂までを落として、それが肌を赤くする原因にもつながります。

どれだけ素晴らしい商品でもやりすぎると毒になるため、過剰に使うのはやめた方がいいでしょう。

シャワーですすぐの?

洗顔をした時って勢いのある水の方がいいと思うこともありますが、シャワーは使わない方がいいです。

シャワーは勢いが強すぎるため、肌を傷つける原因にもなります。

なのでぬるま湯でさっと流す程度が1番いいです。

公式サイトはこちら!